綾瀬市、ついに中学生、高校生へ接種へ

今日は隣町、綾瀬のワクチン接種事業。今日の隣人医者先生はとっても親しみやすい麻酔科の女性のお医者さんですっかり仲よくなりました。スタッフとの交流があると仕事が楽しいですね。

そんな綾瀬、来月8月1日にもワクチン接種の仕事が入っているんですが、何とその日から中学生、高校生への接種が開始されるとのこと。その記念すべき初日に最終判定医として使って頂けることとなりました。

しかし中学生、高校生となると保護者の皆さんの副反応への心配が半端ないと思います。どうやって納得し、安心して接種を受けて頂けるか、限られた時間の中でしっかりと説明していく必要があります。ご高齢の皆さんや働き盛りの皆さんとの会話はもうずいぶん慣れましたが、中学生高校生への接種現場は初めてになります。

最終判定医の仕事は、ワクチン接種の可否判断だけでなく、ワクチン接種への不安を少しでも和らげることも重要な任務だと思っているので緊張します。

8月1日、どんな様子かまた報告できればと思っています。

桑山紀彦

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *