今日が始まり

 今日も外来は朝から心の物語。  お財布を取りに戻って亡くなった自分の妻のことを考えるたびに、呵責に苛まれて居ても立ってもいられず、女川町に戻ろうとする父を、止めようか一緒について行こうか悩む娘。  自分を探し…

涙の仙台空港

 僕たちは年間100回以上仙台空港を利用してきました。  いつもいつもこの空港から全国の公演の地へ旅立ち、そして戻ってきました。僕たちにとって全国の皆さんとつながる、世界とつながる、その始まりはいつも仙台空港で…

9歳の頑張り

 太(ふとし)君はいま9歳。閖上(ゆりあげ)小学校の3年生です。  津波で被災し、家は完全に倒壊して今は避難所で暮らしています。 「ぼくね、あのとき塾にいたんだ。生協の前の塾だよ。ものすごい地震が来て怖がってた…